One Team 福高(教科担任より)

   ホーム  >  One Team 福高(教科担任より)
04|2020/05|06





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31





カレンダーと同期

2020年5月3日

全校生徒の皆さんへ(5月3日分:福田先生より)

2学年主任・弓道部顧問(福田先生より)

 皆さん、おはようございます。今日は5月3日憲法記念日です。皆さんもご存じの通り、今の日本の憲法が施行された日です。祝日になったのは「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨として1948年(昭和23年)にスタートしました。今日はそのための祝日だということを知っておいてください。

 さて、話は大きく変わります。今日は私の祖父の話をさせてください。私の祖父は平成29年に91歳で亡くなりました。祖父は昭和2年に生まれ、皆さんと同じ年齢の頃(16歳~18歳)で出兵し、第2次世界大戦・太平洋戦争を経験しました。昭和の混乱期を生き抜いた人です。祖父はとても厳しい人で、礼儀や躾(しつけ)を重視していました。小さい頃の私は怒られることが怖くて仕方なかったのですが、今考えれば私のためを思って叱ってくれていたのだと愛情を感じています。その祖父が私の父へ贈った言葉を紹介します。


15歳で学問を志し

30歳で独立し

40歳で迷わなくなり

50歳で天命・使命を知り

60歳でどのようなことにも驚かなくなった

70歳で自分の思うままに行動しても、軌道を外れることがなくなった


この言葉は私が30歳を迎える年に、父から私が授かりました。皆さんは自分の人生に迷ったり、現在の環境に悲観していませんか?私が皆さんの頃には将来の夢は今の形(数学教員)ではありませんでした。大学に通いながら迷ったこともあります。将来に不安を感じたり、一から人生をやり直したいとも考えた時期もあります。沢山迷い、悩み、考えて今にいたります。私自身もまだまだ不十分なことが多く、未だに迷い悩むことも多々あります。ですが、この言葉を貰ったときに、迷っていいんだ、悩んでいいんだと感じました。色々なことを考えるからこそ道が拓ける。自分自身の価値は私が決めることではないのだと。だからこそ「今」を一生懸命に生きて、誰かのためになることを全力で取り組むことが必要なのだと思っています。皆さんの未来には無限の可能性が秘められています。今の自分や現状を悲観せず、自分自身に自信をもって進んでください。その進むべき道を進んだ先に「自分」がいるのです。私たちは皆さんが進む道の礎を創ることはできても、ずっと一緒に歩いて行くことはできません。道を歩むのは皆さんです。とは言っても、できることは協力しますので!

 では、また明日!


 ホーム
福岡県立福島高等学校〒834-0006福岡県八女市吉田1581-2
Tel:0943-22-5148 Fax:0943-22-7067
福岡県立福島高等学校
〒834-0006福岡県八女市吉田1581-2
Tel:0943-22-5148  Fax:0943-22-7067
Copyright(C)2010 福岡県立福島高等学校. All rights reserved