その他

   ホーム  >  その他 [ 福高TOPICS ]
02|2018/03|04




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーと同期

2018年3月2日

平成29年度 生徒の心身の健康の保持増進に向けた取組 熊丸みつ子先生講演会

平成29年度 生徒の心身の健康の保持増進に向けた取組 熊丸みつ子先生講演会

平成30年2月23日(金)の5限目、本校体育館において、福岡県子育て支援アドバイザーの熊丸みつ子先生をお招きして「生徒の自己肯定感・自己有用感を高めること」を目的とした講演会を実施いたしました。体育館を縦横無尽に歩き回りながら講演される先生の話に耳を傾ける生徒の姿がありました。講演会感想文をいくつか紹介します。

 

 

 

 

今日は講演をしていただきありがとうございました。先生の講演は、これまでに経験したことがないくらいおもしろく、ためになる講演でした。今回は、思春期について話していただき、自分にもたくさん当てはまり、心配していたことも当てはまっていたりして、これも大人になるために順調に成長しているんだなと安心しました。そして現在、悩みがあっても自分だけで処理しようと思い詰めていた部分もありました。しかし、強がったりしてため込まず、周りの人に打ち明けていいんだということを学びました。

【1年男子】

 

今日の講演会は、楽しくもあり、心に響く話があり、話をもう少し長く聞きたいと思いました。自分の意見をはっきり言えないことはダメなところだと思っていたけど、みつ子先生の話を聞いていて、それはしょうがないことなんだと、これからできるようになれることだと知ることができました。私も家族の悩みがあり、先生の1つ1つの言葉に胸がいっぱいになりました。先生の言葉で、自分の中の何かが変わった気がします。優しさをもらったから優しくなれる、笑顔をもらったから笑顔になれる。私は家族にたくさん愛をもらったんだと改めて実感しました。先生、いろんな話をありがとうございます。先生の話を聞けて、本当に幸せだと思います。これからの人生頑張ります。

【2年女子】

 

今日は素敵な講話をありがとうございました。いつもの講話はすぐ眠くなりますが、今回のお話はあっという間の1時間でした。熊丸先生がおっしゃっていた「順調」という言葉が一番好きです。思春期は親に反抗したくなりますが、、親に心配かけたくないからこそ、知らないとかめんどくさいなどで照れ隠しをするんだなと思いました。この話は、必ず親に話そうと思いました。熊丸先生の笑顔はすごく素敵でした。私もあの笑顔になれるように頑張ります。

【1年女子】

 

今日の熊丸みつ子先生の話を聞いて、最初はすごく話が上手なんだなと思って聞いていました。でも、聞いていくうちに、だんだんおもしろくなっていって、聞き入ってしまいました。だから、先生の言ったことがどんどん頭に入ってきました。先生が、思春期について話をしている時に、僕にも何個か当てはまるものがありました。中学の時には、自分から行動することや、手を挙げて発表することが苦手でした。でもこれは、思春期の頃にあって当然のことだと知って、安心しました。だから、恥ずかしいことがあっても、自分なりに命を大切にしながら、生きていこうと思いました。

【1年男子】

 

熊丸みつ子先生の講演を聞いて、自分らしくいることが大切なんだと感じました。今の時期進路に関しても、どうしたいか決まっているものの、自分に自信がない、親に迷惑をかけたくない、不安で親に本当に行きたい進路を上手く言えてません。でも、今日親にはいっぱい迷惑や心配をかけていいんだと分かりました。家に帰って、自分の口からはっきり言ってみたいと思います。社会に出て、自分がどうなっているかは全然分からないけど、今を大切にしていきたいです。両親からいただいた命を大切にしていきます。これから先もいろいろな壁にぶつかると思うけど、今日のことを思い出したいです。将来自分が大人になったら、今日の話を自信を持ってできるような大人になりたいです。本当にありがとうございました。

【2年女子】

 

 


 



2018年3月2日

平成29年度卒業生講話

 平成30年3月2日(金)に、卒業生講話を実施しました。

 前日に卒業された先輩だけでなく、大学や短期大学で学んでいる先輩や社会で活躍されている先輩にもお越しいただきました。先輩方には、進路決定までのご自身の体験、実際の大学生活や社会人としての生活などを語っていただきました。また、在校生に向けて高校生活でなすべきことや苦手科目の克服法、モチベーションを維持する方法などの具体的なアドバイスもしていただきました。

 在校生にとっては、身近な先輩方の実体験からくる言葉であり、大いに刺激になったようです。先輩方の言葉に真剣に耳を傾ける姿、これからの行動に活かしていこうとする前向きな感想が多くみられました。先輩方からいただいた在校生の皆さんへのエールを胸に、進路実現に向けて、まずは一歩行動に移してほしいと思います。

 

 

 

卒業生講話を聞いた生徒の感想をいくつか紹介します。(一部抜粋)

 

【進学コース】

 今日は進学した先輩方の講話を聞くことができました。大きく分けると大切なことは3つ!1つ目は勉強をしっかりやっておくこと。2つ目は早めに進学先を考え、オープンキャンパスに行って志望校の受験内容を確認し、対策すること。3つ目は部活動、皆勤、ボランティアへの参加などで自分を強くすること。進路決定まであと1年もないので皆勤をめざして、3年生では行事等に貢献できるように頑張りたいと思います。今日は、私の憧れの卒業生が来てくださってとても嬉しかったし、実際に話をうかがうことができて“頑張ろう?”という気持ちになりました。(2年女子)

 

 

 先輩の話で最も心に残っているのは「限界を超えていく」という言葉です。私は勉強やその他のことでも疲れるとすぐに怠けてしまう癖があるので、今後は限界を超えられるように頑張りたいです。他にも今日の講演で、受験勉強のコツや息抜きのやり方、不安解消の仕方、大学での生活など気になっていたことを知ることができて良かったです。特に、大学生活の話ではいろいろ大変なことがあっても、その分やりがいや楽しさもありそうで、より進学したいという気持ちが強くなりました。勉強は辛い時もあるけれど、今日聞いた話をもとに今後も頑張っていきたいです。(2年女子)

 

 

  私は大学に進学しようと決めていましたが、あまり大学のことも知らず、具体的に考えることができずにいました。しかし今回の講話で大学進学に対するイメージが出来ました。先輩たちのお話を聞いて「大学って楽しそうだな」「勉強のやり方はこんな風にすればいいのか」と新しい発見ができました。苦手科目の克服法などは、今まさに勉強に行き詰っていてとても助かりました。受験勉強はいつごろから本格的にはじめるのか、やみくもにやっても良いのかなど、大学受験をしたことがない身としては、今日の話は大学受験をイメージすることができ、有り難かったです。受験の時に教材をひたすら暗記したといった話を聞き、今のうちから 頑張りたいと思います。(1年男子) 

 

 

【就職・公務員コース】

 卒業生の皆さんの話を聞かせて頂いて、ためになることがたくさんありました。その中で挨拶と言葉遣いに気を付けたいと思います。挨拶は基本的なことなので、まず第一にマスターしたいと思いました。また、言葉遣いは普段から意識していないと、面接などの緊張する場面では方言など普段ついつい使ってしまう言葉が出てしまいます。挨拶と言葉遣いは他のことよりも頑張らないといけないと思いました。それから、就職した先輩方に、その職業ならではのやりがいを聞いたときに、自分もこの仕事をしていて良かったと思える仕事に就きたいです。先生方もおっしゃられたように「早め早めの行動」をしようと思います。(2年男子)

 

 

 今回の卒業生講話を聞けて、たくさんのためになる話が聞けました。私もここで話している先輩たちのように就職するんだという自覚と、就職できるのかなという不安が芽生えました。よくわからなかった求人票の見方などについても話が聞けたので良かったです。先輩方の話を聞いて、自分の未来を想像する良い機会になったし、今から何をしていけばいいかが分かりました。今日からできることとしては、言葉遣いに気を付けたり、身だしなみを整えたり、挨拶をする時の声の大きさや姿勢、やるべきことに目を向け精一杯やり切って、胸をはって頑張ったと言えるようにすることなどです。日頃の行いから見直して改善していこうと思います。『当たり前のことを当たり前にできる』をこころがけて、頑張っていきたいと思います。(2年女子)

 

 

 今まで私は進学か公務員かで悩んでいました。ですが、講話を聞くことで公務員になろと決意することができました。社会人の先輩方は私と何歳かしか年の差がないにも関わらず、口調や振る舞いなどがしっかりしていました。やはり社会に出るにはしゃべり方や表情が大切だと学びました。公務員は9月から多くの試験を受けなければなりません。早め早めに過去問を解くことが大切だと思いました。早速、明日参考書を買いに行きます。また、勉強だけでなく資格取得やボランティアをすることも大切だとうかがいました。公務員試験に合格できるように、今のうちからコツコツと努力したいです。(1年女子)


 ホーム
福岡県立福島高等学校
〒834-0006福岡県八女市吉田1581-2
Tel:0943-22-5148  Fax:0943-22-7067
Copyright(C)2010 福岡県立福島高等学校. All rights reserved